<< タグラグビー(2010/09/08) | main | タグラグビー(2010/09/29) >>
第8回レクリエーション部 青空ピラティス(2010/09/20)

皆さん、こんにちは。

20日(月/祝)は第8回のレクリエーション部でした。
今回は4月以来の青空ピラティスです。

総勢17名の方が参加してくださいました。
(実際にピラティスに参加されたのが11名、先生1名、残りはご家族、お子様です。)



この日は暑さもひと段落し、ほどよく晴れ、ほどよく曇るって感じの
心地よい天気でした。

先生は前回も指導して頂いた「めいさん」です。

えっと、前回と同じ感想から入るのですが、
「難しい!そして奥が深い」

前回の記事にも書いてありますが、大事なのは呼吸。

ピラティスは常に胸式呼吸。
これが難しい。

前回記事より。

まずは鼻から息を吸い込みます。
この時肋骨が左右に広がるように大きく吸い込みます。
そして口から息を吐き肋骨を元の状態に戻し、お腹の空気を全て吐き出します。
腹と背中がくっつくようなイメージで。
(ワンサイズ小さなズボンをはこうとして、お腹をへこましている状態です)

ここから後は、お腹に空気が入らないように、胸式呼吸。
お腹は常にへこました状態です。
体幹部のコアマッスル(インナーマッスル)を常に意識することが大切!


相変わらずこれができない。
また、インナーマッスルを使って体を動かすことが重要なんですが、
男性は特にアウターマッスルを使ってしまいます。

レッスン中に女性陣がやって男性陣が見る、男性陣がやって女性陣が見るという
時間があったのですが、男性陣……ひどいもんでした(笑)
もちろん私も含めです。

女性陣は経験者の方も多く、動きもスムーズでちゃんと意図した通りに
出来ていたように思います。



ただ、後から先生に聞いた話では、出来ていた経験者の方も
最初はできなかったとのことでした。
レッスンを繰り返すことで、体の動かし方が分かるようになり
(自分の体のことを理解できるって感じでしょうか)、
それにより体幹がしっかりしてくるんでしょう。

体幹を鍛えることはスポーツ選手にとっては大切なこと。
例えば、ラグビーなら体幹の強い選手はバランスが良く、
タックルを受けても倒れにくいです。

スポーツ選手でなくても、体幹がしっかりしていると
姿勢がよくなり、肩こりや腰痛もよくなります。
そしてもちろんダイエット効果もあります。

ということで、たぶんみんなやったほうがいいです!

近いうちにまた企画したいと思います。
「●月●日にやってくれ」など要望があれば実現するかもしれません。
今回はそういった要望から実現した企画でしたので。
要望を投げたい方はこちらからお問い合わせください。
(100%応えられるわけではないのでご了承ください。)



こちらは託児施設です(笑)



次回、レクリエーション部は10月11日を予定しています。
内容はリングビー!
いつもの通り三喜工業様とやります。
「体育の日企画」ということで、お子様とも一緒に楽しめる
メニューを多めにしようと考えています。

詳細はこちらからお問い合わせください。

| レクリエーション部 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック